本日はこの4本を研ぎ澄ましました。

家庭を笑顔にする魔法のような包丁を研ぐ木元です。本日はこの4本を研ぎ澄ましました。港町特有の加工出刃は自分の得意な包丁😉刃のカーブを気にしながら研ぎます。藤原照康の牛刀は包装紙がくっつくほどベトベト!まずは刃物クリーナーで汚れを落としました。先端が折れてしまっているのを整形し、刃身の厚さを考えて10度位で切刃を作り仕上げました。小さな牛刀はマダムナイフとかかれていて、名前の感じより刃身も厚くてゴツい包丁です。柄が刃の上まで来ているので研ぎ難い包丁。だいぶ研ぎ込まれていて形が変わってしまっていると思われます。出刃は 房近作、錆び穴がが心配でしたが大きいところは無く上手く仕上がりました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。