2022年初研ぎはこの3本

家庭を笑顔にする魔法のような包丁を研ぐ木元です。2022年初研ぎはこの3本。ミソノ440牛刀はやはり研ぎ易くて仕上がりもバッチリ決まります。ご自宅の包丁にお勧め。プロ仕様は違うなあ。雅の大きな牛刀、刃質はとても硬くキンキンいいます。ですがクセはなく仕上がりは最高です。中村孝明の牛刀は刃の作りが変わっていて手元1.5センチほど研がれていません。多分怪我防止だと思いますが研ぎ師泣かせ。研ぎ進むとこの部分が残りまな板に当たって食材がカット出来なくなります。なので先に研ぎ分を見込んでこの部分をら落としてから研ぎました。小さくなってしまった加工出刃、お爺さまから引き継いだものですが柄を割ってみると写真の通り中子が痩せてしまい再生は不可能でした。今年も包丁研ぎ 研ぎよし をよろしくお願いします。

#包丁販売 #包丁売ってます #削蹄鎌

#包丁研ぎ #包丁研ぎ師 #丸甲金物 #研ぎよし

#北海道 #釧路市  #新橋大通

#Sharpening #Kitchenknife #Hokkaido #KushiroCity

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。