本日はこの5本を研ぎ澄ましました。

家庭を笑顔にする魔法のような包丁を研ぐ木元です。本日はこの5本を研ぎ澄ましました。ZANMAIのペティは仕上げに入ると欠けが出て来る事が2回ありまして、少々時間がかかりました。33層のダマスカスなのでその影響?宮文の三徳包丁はほぼ新品なのでスムーズに仕上がりました。鍔屋の三徳はとても重量感のあるもので、出刃包丁かと思いましたが両刃の三徳です。刃の厚みもしっかりあってヘビーな使い方にも安心ですね。藤次郎の牛刀 疾風はかなり使い込まれていて、柄がスポッと抜けましたのでセメダインスーパーXでしっかり固定しました。刃先も傷んでおり荒砥でしっかり落として仕上げました。土佐かじ屋の文化包丁は三徳包丁の先端を斜めに真っ直ぐ落としたタイプ。あまり使われているかたは多くないようですね。基本両刃なのですがこの包丁は片刃に寄せた作りになっていましたので、お聞きしたところ片刃に寄せたままで仕上げてくださいとのこと。今日もバッチリ仕上がりました~♪スッキリ‼️

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。