本日はこの一本を研ぎ澄ましました。

家庭を笑顔にする魔法のような包丁を研ぐトギヨシの木元です。本日はこの1本の包丁を研ぎ澄ましました。哲弘の三徳包丁は研ぎの師匠である旭川市の中野さんのオリジナル包丁。8年前ぐらいに旭川市から送ってもらったそうです。だいぶ研ぎが進んで刃先に平らな部分が全くなくなりタクワンを切ると電車のようにつながってしまうと思います。荒砥120番で刃先を平らにしてから仕上げました。やっぱり青紙鋼は違うなあ~切れ味が一段と良いです。しばらく在庫していませんでしたが、また在庫しますね。今日もバッチリ仕上がってハッピー‼️

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。