5/15は庖丁1本と削蹄用刃物7本を研ぎ上げました。

トギヨシの木元です。本日は庖丁1本と削蹄用刃物7本を研ぎ上げました。どちらもリピートのお客様、ありがとうございます♪宮文の文太郎という牛刀は結構高価な庖丁です。それは刃物用鋼ではなく粉末ハイス鋼(ハイスピード工具鋼)を芯に使っており硬さと耐久性に優れた鋼です。鉄鋼用ストレートドリルに使われている材質です。研いでいて中々の硬さでした。削蹄用刃物は牛の蹄を削る刃物。牛の健康を守るために使われています。だいぶ慣れてきて研ぎ上がりも早くなってきました。今日もバッチリ仕上がってハッピー‼️

投稿を見た皆さんからの研ぎの依頼をお待ちしていす。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。